泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

私立小学校の編入試験事情

f:id:hiwahiwaway:20190726222549j:plain

 

 

 こんにちは。

先日、以下のような質問がありました。

 

「小学校入試で、残念な結果だったので

中学校受験を目指したいが、

できれば 情操教育が大切な小学校時代に

私立らしさの中で育ってもらいたいと思っている。

編入試験について知りたい」

 

 

残念ながら私は 編入試験には詳しくありません。

でも いわゆる難関校、伝統校と言われる人気小学校でも

ぽつぽつと 編入試験を実施しているという情報は 入ってきますので

知り得る限りをまとめておきますね。

 

私立小学校編入転入情報をチェックできるサイト

 

こういったサイトで、編入(転入)試験の情報をまとめてくれていますので
興味がある方は、定期的にチェックされるといいと思います。

 

 

www.ojyuken-index.com

 新学年からの編入の場合は、主に11月~2月くらいに募集があるところが多い印象です。

 

また、年に2回ほど編入試験の機会がある学校もありますので

シーズンに関わらず、こまめに情報サイトや 希望する小学校のHPをチェックしましょう。

 

 

 

 

私立小学校編入転入に特化したお教室なら試験対策も最新情報も安心!

 

クレアトゥールひなの会

 

createurhinanokai.net

 

私立小学校への編入転入試験にチャレンジしようと思っている方は

ぜひこちらの「クレアトゥールひなの会」のサイトをチェックしてみてください。

 

このサイトによると、私立小学校の転入試験では

基本的には文科省の学習指導要領の範囲から出題されます。

そうは言いましても有名私立の場合は、公立と違って学習進度も早くまたレベルの高い学習を行っています。

従いまして学年が上がるにつれ国語・算数については、ある程度レベルの高い学力を身につけておく必要があります。

 

とのことです。

 

新一年生を対象とした入学試験とは違って

編入試験は いつ行われるかも 何人合格するかもわかりませんし

過去どんな問題がでたのかも 情報が一般には出回っていませんので

こういった実績ある専門塾で きたるときに備えることが大切なのでしょう。

 

また、このお教室のサイトでは

随時 私立小学校の編入試験情報を更新してくださっているようなので

併せて確認しておきましょう。

 

ちなみに先ほど確認した一番最新の情報(2021年1月14日現在)は

国立学園小学校の 2021年4月の新2年生、新3年生、新4年制、新5年生の募集でした。

一気にこんなにたくさんの学年で募集するのですね。
これは転入生編入生にとっては 心強いと思います。

 

他にも

青山学院横浜英和小学校 転編入試験情報(現1年生)


  • などが クレアトゥールひなの会さんのサイトの最新情報としてアップされていました。
  •  

こうしてみると

 

絶対どうしてもこの学校!!というふうに絞らなければ

意外と編入試験を受けるチャンスはありそうですね。

 

 

 

リトルワンズ

www.littleones2010.jp

 

こちらのサイトでは

先生からの このようなメッセージが掲載されています。

 私立小学校では学期末、学年末に欠員が生じた場合転入生を募集いたします。
 最近では大変多くの学校が募集をするようになってきました。
 募集の人数が若干名であること、年々希望のお子様が増えたことで大変狭き門であることは
 否めませんが、このチャンスを生かしませんか?

 毎年お子様をお預かりして多数の合格を頂いてきました。
 念願の私立小学校に合格のお子様とご家族のお喜びは本当に大きく、
 あの時「狭き門だからとあきらめずに良かった」と言って頂いています。

 今からでも決して遅くはありません。
 お問い合わせください。
 先ずはお子様、ご父兄と面談をし受験校や今後のスケジュールを綿密にたて、万全の準備を
 いたしましょう。

 

 

模擬試験があったり、面接や願書対策があったりと

新一年生の小学校受験さながらですね。

 

基礎学力の定着や作文力等は

編入試験だけでなく、もし編入試験が残念だったとしても

その後の中学受験等にも活かせるものですし

 

編入試験を目指されるのであれば

いっぱんのお教室より 情報量が圧倒的に多いであろう専門塾に行くほうが

よさそうです。

 

 

当然ながら超狭き門

こういった専門のお教室が存在し、

そして継続しているということは

 

絶対編入試験を受けたい!とチャンスを待っている方々が

一定数はいるということを意味します。

 

さらに、「中学受験も大変だから、もし小学校の編入試験があるなら 挑戦してみたい!」と思いついた、一般の学習塾や進学塾に通っている方がチャレンジする可能性もあることを考えると

1枠2枠程度の募集に対しての倍率は かなりのものになりそうですね。

 

こういった「私立小学校編入転入試験」の情報は

自分から興味を持って取りにいかない限りは

一般的に広く知れ渡るようなものではなく、

「真剣に編入試験に向けて準備してきた人」たちの中でのたたかいとなりそうです。

 

 

 

私立から私立の編入はOK?

募集要項に必要要件として 「現在通っている小学校の校長からの許可」や

「公立や国立の小学校に在籍していること」が挙げられている学校もあるそうです。

 

今私立小学校に通っていて、「かつて第一志望だった小学校が編入試験を実施するならチャレンジしたい」という方も多いかもしれませんが

やはりちょっと難しい状況かもしれません。

 

学校によっては、そういった細かい要件等は設けていないところもあるとのことなので

編入を希望する学校の過去の編入試験の募集要項を入手して確認したり

編入に詳しいお教室や、学校に問い合わせてみるなどして

チェックしてみてください。

 

上述のクレアトゥールひなの会のサイトでは

私立から私立の編入について こんなブログを書かれています。

createurhinanokai.net

 

 

 

ちょっと特殊な編入試験!聖心女子学院のセカンドステージ

聖心女子学院は 編入試験といってもちょっと特殊。

他の学校のように「不定期」「若干名」ではなく

毎年 新5年生を24人まとめて募集します。

www.tky-sacred-heart.ed.jp

 

 

聖心女子学院については

 

初等科から高等科までを

4-4-4制に分けています。

1年生から4年生がファーストステージ

5年生、6年生、中等科1年生、2年生までがセカンドステージ

中等科3年生~高等科1,2,3年生までがサードステージとなります。

 

5年生、6年生、中等科1,2年生は

小学生と中学生ですが、同じ校舎で学んでいます。

 

このような特殊な教育方法をとっている学校のため

中学受験ではなく、セカンドステージからの「新5年生編入試験」で

まとまった数の生徒をとっているのです。

 

 

このように、毎年必ず募集がかかる、他校の「中学受験」のような立ち位置にあるのが

聖心女子学院初等科の新5年生編入試験ですので

長きにわたり ここを目指して準備をしている方も多く、

さきほどご紹介した「私立小学校編入」に特化したお教室でも

聖心セカンドステージ受験に特化したクラスが設けられています。

 

ただし、聖心セカンドステージの編入をするには

公立小学校か、国立小学校に通っているというのが基本条件になっています。

ただし、私立小学校についても、以下のような例外が認められているようです。

  • 遠方の私学に在籍していて、保護者の転勤等により通学時間90分以内に転居されることが確定し、お子様の転校も余儀なくされている場合は受験することができます。都内、または近郊の私立学校に在籍されている方は、説明会等でご相談ください。