泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

小学校受験 聞く力を伸ばす「復唱」

 

 

 

f:id:hiwahiwaway:20190730214810j:plain


今日もご覧いただきありがとうございます。
暑い夏がスタートしましたが、体調は大丈夫でしょうか。
暑い時間に夏期講習に向われる方は、お大事にされてくださいね。

 

 


さて、先日インスタを見ていたら
ある小学校受験生のママのアカウントがありました。


去年の自分たちのことが思い出される内容に

つい懐かしくなり、過去までさかのぼって拝見していたのですが
お教室でお勉強している姿(どこの塾が見る人が見たらすぐわかる)
志望校の写真などもUPされていて
「ひえ~~」となりました。

お子様のお名前や家族構成などもバレバレ。
もしこのお母様がお知り合いなら、「いますぐにやめたほうがいいよ」とお伝えしたいです。

 

今小学校サイドもこういったこと(保護者のSNSや、校内の写真撮影等)に敏感ですし
ライバルが見ているかもしれないわけで、どんなことで足元をすくわれるか・・・


全員が全員、温かい目で「がんばれ!」と思ってみているわけはなく
やっかみの気持ちを持っている人もいるかもしれないので
他人事ながら、とても心配になってしまいました。

 

と、雑談はここまでにして・・・。

 

 

小学校受験で大切なことは「聞く力」

 


我が家は年少さんからお受験のために通塾をしていましたが
最初のうちは、お教室選びに苦労して
「やっぱりここじゃない」「もっといいお教室があるのでは」
さまざまなお教室の見学にいっていました。

 

わが子の年齢のクラスだけでなく
年長さんクラスも見せて頂いたりもしてきました。


そこで、わりと多くのお教室でやっていたのが
「復唱」というお勉強です。


先生がお話したことを次々に子供たちが復唱していくのです。

 

復唱の練習

例)
先生:今日は幼稚園の帰りにお母さんとお買いものにいきました。
子供①:今日は幼稚園の帰りにお母さんとお買いものにいきました。
先生:買ったものは、じゃがいもとにんじんとお肉です。
子供②:買ったものは、じゃがいもとにんじんと・・・・ええっと
先生:買ったものは、じゃがいもとにんじんとお肉です。
子供②:買ったものは、じゃがいもとにんじんとお肉です。
先生:それからお母さんとお話しをしながら、スキップをしてうちに帰りました。
子供③:それからお母さんとお話しをしながら、スキップをしてうちに帰りました。

こんな感じです。

 


そのお教室では、「自分の番でなくても、お話しをちゃんと聞いているか」という確認なのか、最後に子供④に「今日、お買いものしたものは何ですか」と質問していました。

 

絵本の復唱もあった

あるお教室では、先生が絵本を子供に読み聞かせをしたあと
今度は一文ずつゆっくり読んで、
子供たちみんなで一緒に復唱させていました。

 

この場合、実際の月齢(年齢)よりも

もう少し幼い子の読むような絵本からスタートするといいと思います。

 

私が参観したクラスでは

年長さんが「おおきなかぶ」を復唱していました。

驚くことに、「来週は『大きなかぶ』で練習しようね」と言われていたらしく

一人の女の子は一冊暗記してきていました。

 

 

 

おおきなかぶ

おおきなかぶ

Amazon

 

 ちなみに、『おおきなかぶ』は定番中の定番のお話ですが

いくつかのお教室で、この話を題材にした授業がありましたし

実際、参加した某小学校の体験授業では、この絵本をテーマにしたクラスもありました。

この絵本をテーマにミニ劇をさせるという行動観察もありました。

もしまだお読みになったことがないようであれば、一度読んでおくことをおすすめします。


伝言ゲームも 一種の復唱

行動観察や合宿のレクリエーション、総合クラスなどでも
たまに伝言ゲームをすることがありました。

 

これもお友達が言ったことを
そのまま次のお友達に話すという意味では復唱かもしれません。

 

「自分がしっかりお話を聞いて、覚えて、あとの子に伝えないと

チームが負けてしまう!」という責任感のもとで

「しっかり相手の言っていることを聞き取る」という意識が育つのではないかと思います。

 

 


復唱することの効果って

 

 

復唱をするためには、
まず一番大切なのは「主体的に聞く」力ではないかと思います。

お教室の先生のお話は1対10人~20人程度です。
聞き流そうと思えば、(というか自ら「聞こう」としなければ)
いくらでも聞き流せてしまいます。

 

「私が聞いていなくても、誰かが返事してくれる」という
他人まかせ、お客様状態な子はわんさかいます。

 

でも「復唱」となるとそうはいきません。

 

自分が最後まで集中して話を聞き、覚え
それを自分の口で言わなくてはならない。
ただ先生の話を聞いているのとは、意識がまったく違うのです。

 

この聞く力。
お受験の先生方からは「お話が聞ける子かどうかは合否にとても重要なファクター」とよく聞いていましたが、

まさにこれは私の実感として納得です。

 

 

考査当日、子供たちはテスターの先生から様々なご指示を頂きます。
そのご指示を

  • 「他人事のように聞き流してしまうか」
  • 「自分事としてとらえて、実行できるか」

は合否の結果に大きく影響すると思ったからです。

 

 

 

わが子も、ある学校の考査で、移動の途中
「トイレに行きたい子は、だまって手をあげてください」というようなことを先生に言われたと申しております。
考査の最中ではなく、移動など少し気がぬけてしまいがちなところでこそ
「人の話をしっかり自分事として聞けるかどうか」が問われるのです。


復唱は、「次は自分が同じ言葉を繰り返してお話ししなくてはならない」という状況ですので、まさに「聞く力」「聞く集中力」を鍛えられるのではないでしょうか。

 

この復唱のお勉強で経験した緊張感や集中力。
考査の当日は、お子さんに「あの復唱のときみたいに、集中して先生のお話しを聞いてきてね」と声をかけてあげると
子供たちは「あのときのように聞けばいいのね」と、理解してくれるかもしれません。

 

あの小学校は元気な子を欲しがる
あの小学校は出身者の子供を欲しがるなどなど
巷ではいろいろな噂も多く流れていますが

私は、どの小学校も「お話を聞ける子を欲しがる」と思っています。


お教室の先生のお話しを、いつもよそ見ばかりして聞いていない子や、
手元の文房具をいじっていて指示を聞きもらす子がいたら

ぜひ復唱をやってみてはいかがでしょうか。


または、「お教室の先生が言っていたことを、あとでママに教えてね」と伝言ゲームをさせてみてもいいかもしれません。


我が家は、かんたんな絵本を使って
復唱ゲームをしていました。
(子供だけが一方的に復唱させられるのではなく、1ページごとに
親と子が入れ替わって、親も復唱にチャレンジしていました)

 

 ゲーム感覚で楽しみながら「注意深く聞く」練習をしてはいかがでしょうか。