泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

夏を制するものは小学校受験を制する!?夏合宿には参加すべきか

 

 

春期講習真っ最中の今。


次はGW講習があり
そのあとは、いよいよ決戦とも言える夏期講習ですね。

 

 

 

お教室でご一緒したママは
「中学受験や大学受験とは違って

小学校受験は、夏には仕上がっている必要があるから春休みが勝負!」と言ってましたが

 

早生まれの子供たちは
春休みはまだ5歳になったばかりの時期。

 

焦らずに、コツコツ。進めていくといいのではないかなと思います。

 

 

さて、夏休みといえば、
季節講習の一環として「夏合宿」が行われるお教室も多いでしょう。

 

f:id:hiwahiwaway:20190325052011j:plain

 

我が家も2つの夏合宿に参加させました。

 


我が家が参加した2種類の夏合宿


ひとつは、きちんとペーパーや運動、行動観察など
お教室の授業のようなことをたくさんやってくださる合宿


もうひとつは、自然の中で共同生活をし、思い切り体を動かし
楽しいゲームや季節遊び、自然探索や共同制作などに重点をおいてくださる合宿


共通して言えるのは
お布団の上げ下げや、荷物の整理身支度などを自分ですること
お友達とグループになって、共同生活をすること

でしょうか。

 

開催するお教室によって
合宿の内容も雰囲気も全然違いますが
内容よりも
「子供が親やジジババではない人たちと
何日か一緒に生活する」
「自分のことを自分でするしかない状態の生活をする」
ということが重要なのだろうなと思います。

 

 

 

 

合宿にかかった費用

正確な数字はもう忘れてしまいましたが
我が家がお世話になっていたお教室では

2泊3日~3泊4日で6万~10万強程度だったでしょうか。

1泊で5万円というお教室もあったように記憶しています。

すみません、いろいろな他の講習の費用なども一緒にお支払いしているため

正確な金額は忘れてしまいましたが、お教室によってまちまちでした。


大手の合宿は群を抜いて費用が高かったですが
安全面、内容ともによかったと思います。

 

 

 

合宿に参加してよかったこと

 

我が家の場合は、夏休みも超ハイシーズンのお盆にしか休みが取れず

2泊の国内旅行にしか連れていけませんでした。

 

大きな旅行とか、夏休みらしいお出かけには、

なかなか連れていけなかったので

お教室に旅行に連れていって頂けたという感覚でおりました。

 

子供って「遊園地に行ったから楽しかった」というわけではなく

お友達と過ごせるだけでわくわく楽しめるものですよね。

 

我が子の場合は、2回の夏合宿で

お友達との交流を深められたことがとても楽しかったようです。

 

いくら受験生とはいえ、まだ未就学児。

この「楽しい」経験というのはとっても大切だと思います。

 

我が子は、とてもシャイで甘えん坊の超早生まれっ子。

お友達の輪にもなかなか入れず、遠巻きにニコニコみているような子でしたが

この夏合宿のあとは、お友達との関わりにも積極性が見えるようになりました。

 

また、先生からの評価表により

「親がいなければ、自分のことをしっかり自分でやれる子」

「親がいなくても、きちんと集団生活のルールを守り、自制自立して生活できる子」ということが分かったことも

安心材料のひとつとなりました。

 


 

 

 

可愛い子には旅をさせよ

他の夏期講習には、すべて参加したけれど

夏合宿だけは「やめておく」という方もいらっしゃいました

 

今まで子供と離れて寝たことがなく

子供がとても嫌がったからだそうです。

 

実は我が家も、お泊り保育未経験で

親と別々にお泊りした経験といえば、

おじいちゃん、おばあちゃんの家のみ。

 

とても心配しましたが

  1. 本人が行ってみたいと言った
  2. お教室の先生が「早生まれで、自信がない子が、自信をつけて自立するためには合宿が一番効果的」とおっしゃった
という理由で、迷わずに申し込みました。
 
 
 
でも、合宿前日の夜
寝かしつけるときに、しくしく泣いてしまった我が子。
「ママと一緒がいい。」としくしく泣く我が子に
 
「私は鬼か!?!」と合宿に申し込んでしまったこと(しかも2回も)を
激しく後悔しました。
 
 
私も泣きながら(子供にはバレないように)
「合宿はきっとたのしいよ。
お友達もみんな一緒だよ。
ママもさみしいけれど、おうちでずっとあなたのことを考えているよ。
先生もみんな味方だから、困ったら相談すればすぐに助けてくれるよ」等々伝えて、

 何とか寝かしつけたのを覚えています。

 

 

ああ、まだまだ年長さんは子供だよな、

合宿なんて早いよな、

心配で合宿だけは行かせられないというママの気持ちわかるな…と思いながら

翌朝、子供を集合場所まで送っていったのですが

 

 

お友達や大好きな先生を見つけた瞬間

ぱっと私の手を離して駆け寄っていった我が子。

 

一度も振り返りもしなかったです(笑)

「行ってまいります」とみんなで言う瞬間だけちらっと私を見ていましたが

さっき泣いたカラスがなんとやらで、

もうニコニコしていて、未練などまったくない様子でした。

 

結局、本当につないだ手を離すのが不安なのは親のほうで

子供は手を離して、子供だけの世界で自由にのびのびとするほうが楽しいし

成長につながるのだろうなと思った瞬間でした。

 

 

 

夏合宿にさえ行けばペーパー力や、巧緻性、運動能力が一気にUPするというものではないと思いますが

 

親子ともに「親離れ」「子離れ」して自立する。依存しない。という

練習になるいい機会だと思います。