泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

我が子が新年長の2月初旬にお教室でやっていたこと

f:id:hiwahiwaway:20190415215812j:plain

 

 

 

我が子が新年長の2月の上旬にお教室でやっていたこと

 

我が子が新年長時代の私のノートを振り返って

ちょうど4年前(!?!)の今の時期、お教室でやっていたことを残しておこうと思います。

 

 

「小学校受験の幼児教室って何をするの?」

「年長4月から幼児教室に入ろうと思っているけれど、他のお友達はどのレベルまでできるようになっているの?」 などと疑問を持たれているお受験初心者ママさんパパさんの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

1から10まで全部書いていると長文になり

読みにくい記事になってしまうため

行動観察系のクラス、お勉強系クラス、受験体操クラスでしていたことから、1つずつをあげておきますね。

 

 

行動観察で新年長2月初旬にしたことのひとつは…

生活巧緻性の一環として

洗濯物を干すという授業をやっていました。

 

雑巾やハンカチ、少し大きめの布などを

タライのお水に入れ

それをしっかりしぼって

広げて、パンパンして

洗濯ロープに干して洗濯ばさみでとめる練習

 

 

そして、洗濯ピンチに干して止めるという練習もしました。

 

先生いわく

「洗濯ばさみ」というのは 指先に力を入れて広げる必要があるし

とめたいところに上手に止めるというのは 指先を器用に使うから

とてもよいトレーニングになるそうです。

 

 

また、この作業をする前に

全員がエプロンと三角巾を身に着けます。

エプロンのひもを自分で後ろでちょうちょ結びする練習もしました。

 

 

ただ、超早生まれっ子の我が子には 

この作業はちょっと難しかったようです。

 

 

お勉強クラスで新年長2月初旬にしたこと(ペーパー以外)のひとつは…

子供の机に

先生が3つずつサイコロを配りました。

 

その3つのサイコロの目で「合わせて10」になるような組み合わせを作るというお勉強をしていました。

 

その前の週に

「0と10で 10」

「1と9で 10」 

「2と8で 10」というように

10の補数を歌うようにして覚えていました。

 

 

これは、

某私立小学校でも100玉そろばんを使って

1年生の授業でもやっていたのを(公開授業のときに)見たことがあります。

 

 

 

受験体操クラスで新年長2月初旬にしたことのひとつは…

 

模倣体操をしました。

先生の動きを真似して、同じように体を動かします。

 

目で見て、しっかり観察して

同時に自分の体も動かします。

 

ただジャンプするだけ、等の簡単なうごきではなく

ちょっと複雑な動きになるので

まず

1・よく見て理解し

2・同じように体を動かす

ということが必要になるだけでなく

 

先生がやっている動きのリズムに合わせられるかも大事なようです。

 

 

 

模倣でいうと、

同じ日に もうひとつの「模倣」がありまして

 

それは

先生が「ぞう!」「きりん!」「ねこ!」など

いくつか動物の名前を言って

 

子供たちは その動物の動きを

それぞれ思ったように模倣します。

 

 

このとき、自分なりに動きを考えられる子、

楽しんで参加できる子は

私から見ても 光っていました。

 

うちの子は とにかく引っ込み思案でしたので

最初は照れてしまっていて

そのあとは、仕方なく 隣の子の真似して小さく動いていました。

 

このとき、親として感じたのは

子供に自信を持たせることの大事さです。

 

 

子供が自分のやることに自信を持てないと

どうしても「人の真似してればいいや」「本当は私はこう思うけれど、他の子に合わせておいたほうがいいや」という風になってしまいます。

 

普段から

小さいことでも 自分で考えさせて

アイディアをださせて

それに対して、親や周りの大人が「いいね!」「それでやってみよう」

というふうに肯定的な言葉をかけてあげることが大事かもしれません。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

おうちで練習できそうなこと、たくさんありますよね。

集団の中で堂々と模倣体操できるかどうかというのは

お家での特訓だけではなかなか難しいかもしれませんが

引っ込み思案な子が集団の中でも力を発揮するためには

まず自宅でやってみて、どんなに変な動きだったとしても

親が認めて褒めてあげて、自信をつけてあげることが大切です!!