泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

小学校受験 考査本番までに用意しておきたいもの

 

 

 

おはようございます。

小学校受験の本番のために用意しておいたほうがいいもの、バッグの中身などについて

過去に記事にしていました。

 

この記事が参考になったと言っていただけることが多いので

改めてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

www.nakimushimama.work

www.nakimushimama.work

 

とくに、お受験当日のママのバッグに入れておいたほうがいいものについての記事については

受験本番の秋になるまでに読んでいただけると参考にしていただけるのではないかなと思っています。

 

www.nakimushimama.work

 

 

 

 

受験本番に備えて

今、模試をたくさん受けられている方がたくさんいらっしゃると思いますが

 

 

基本的に「模試」は「模試」でしかなく

実際の考査とは全然違います。

 

志望校別模試で1位だったとしても

100%合格できるとは限らないのが小学校受験です。

 

だからこそ、私は「模試」は結果よりも「場慣れの場所」とするべきだと考えています。

 

子供が同じ小学校を受けるであろうお友達と顔を合わせるという場慣れ、

考査当日と同じ流れを経験するという意味での場慣れ。

 

それとは別にママの場慣れにもなると思うんです。

 

 

「模試だから」と気楽に臨むのではなく

そろそろ模試でも本番だと思って、持ち物や服装、子供のヘアアレンジ等も

練習しておくといいと思います。

 

 

 

 

 

私の場合、(大変失礼ながら)練習のために受験させていただいた10月校で

初めて「お受験本番」を経験したのですが

それまで模試には慣れていたものの、また全然違う雰囲気で

場の空気に飲まれてしまい、ど緊張してしまいました。

 

出かける直前にストッキングの伝線に気が付いたり

子供の髪型が、乱れたり

学校に向かう途中、予想外の雨に見舞われたり

受付でスマートに受験票が出せなかったりと

本当にどきどきはらはらしました。

 

この経験がとっても役に立ちました。

「もっと早め早めに行動しよう」

「荷物が重くなっても念には念をいれよう」

「まさかが起こることもある。備えあれば憂いなし」

そんなことに気が付けたからです。

 

 

本命校のお受験の前に

ぜひ「これが本命校の本番の考査」と思って

持ち物、メイク、ヘアスタイル等すべて整えてリハーサルができる環境を

持っておくことを 強くおすすめしたいと思います!