泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

小学校受験のために文章でお話をする練習をした日々

こんばんは。

 

我が子は、非常に照れ屋さん。

赤ちゃんのころから

とにかくたくさんの本を読み聞かせしてきたこともあり

言語能力が低いわけではないのですが

 

どうしても恥ずかしい気持ちが先にたって

お教室の先生に何かを提出するときも

 

「はい」

「これ」

「どうぞ」

 

先生「え?これがどうしたの?」

 

「もってきたの」

 

先生「何をもってきてくれたの」

 

「宿題」

 

先生「そうか、では『先生、宿題をもってきました。どうぞ』って言ってくれたらわかりやすくていいな」

 

こんな感じで、毎回大変でした(笑)

 

 

f:id:hiwahiwaway:20190226065401j:plain

 

こんな我が子が人前でしっかりお話ができるようになるために

先生からは 以下のような指導がありました。

 

 

  • おうちでも 「ママ、お茶」など単語だけで話かけられても決して応じてはいけない。「ママはお茶じゃないよ」「お茶がなあに?」と聞き返す
 
  • ママが先回りして何でも用意しない。(たとえば、お食事中にお口から食べ物がこぼれおちそうになったとき、先回りしてティッシュやナプキンを用意したりしない)
 
  • ママは黙っている。徹底的に聞き役に徹するつもりでいる。多分徹底的に聞き役に徹するように意識しても、結局ママのが口数が多くなってしまう。だからこそ毎日意識して聞き役に徹する時間を作る

 

 

 

お教室では

先生が毎回、短文を読み、それを耳だけでヒアリングして

繰り返して言う、という練習も一生懸命やりました。

 

 

先生方からは

「結局この子は自信がないのだと思いますよ。

お母さんが守ってあげすぎで、先回りしすぎで

だから自分でできた!という実感がないのだと思います。」と辛らつなコメントを頂き続けていたので

 

私も必死で過保護にならないように

子供の言いたいことを先回りして言わないようにしていました。

 

そう、我が子の人見知りやToo Shyなところも

幼児教室では、家庭のせいにされたりします。

お受験で切羽つまっているときは、それが辛かったこともありましたが

今振り返ったら、幼児教室の先生には

本当に多くの気づきを頂いたな~と感謝しかないです。

 

 

 

 

 

 

 

我が子可愛さに

どうしても先回りして石ころをよけてしまったり

子供が困っていると、先に手を差し伸べてしまいすぎるところは

実は受験を終えた今も、まだ治らない私の悪い癖です。