泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民サラリーマン家庭のフルタイムワーママとして、無謀にも超早生まれっ子保育園児であった我が子の小学校受験に挑み、第一志望校からご縁を頂きました。これからお受験に挑むママさんや、知育や幼児教育に興味があるママさんに情報をシェアできるブログを目指しています!

毎年この時期の恒例!早割を使って年賀状印刷

 

年賀状 印刷 早割

 

 

 

我が家の11月の恒例行事 年賀状印刷を早割で!

我が家の11月初旬の恒例行事。それは年賀状印刷。

我が家は家族全員の名前を入れて、1種類だけをつくることにしています。

 

我が家が年賀状印刷をプロにお任せする理由

 

今は、年賀状も自分でいくらでも手作りできるので

ご家庭で作って、宛名印刷までして・・という方も多いですし

時代の流れもあって、年賀状をやめる方も多いですが

我が家は、全員が面倒くさがりなのと

11月12月は公私ともに忙しい時期ということもあって

プロにお願いしてしまっています。

 

年賀状印刷サービスの会社 はネットで検索すればいろいろありますが

我が家は毎年お世話になっている業者さんに継続でお世話になっています。

住所等、登録しているので オーダーも楽ですし

去年は何枚お願いしたっけ??と考えずとも

マイページの履歴を見れば、これまでオーダーした年賀状の枚数やデザイン、すべてわかるんです。

 

 

年賀状を11月に印刷する理由

年賀状の準備は12月になっAてからする、という方も多いようですが

我が家は 毎年11月にします。

なぜなら「早割」があるから。

 

業者さんによっては印刷代が40%の割引になったりもするので

かなりお得に年賀状印刷ができます。

 

また、11月中に印刷をオーダーしておけば 少しずつ一言コメントを書けるので

12月の年賀状受付スタートと同時に全部の年賀状を出すことができるのもポイントです。

 

 

 

デザインのこだわり (余白少なめ)

私が年賀状印刷をオーダーするときの

デザインを決めるポイントとしては「余白の少なさ」です。

 

余白が多いと、先方に対して一言コメントを長めに書かないと間延びした感じになってしまうので

余白が少ないデザインを選んで「今年もよろしく!」「近々新年会やろうね」など

数文字だけ書けばサマになるようなデザインを選んでいます。

 

毎年、一応写真入りのデザインを選んでいるのですが

正直子供や家族の写真を見て喜ぶのは親族くらいだと思っているので

なるべく写真は小さく、そして個々の顔まで判別できないようなものにしています。

(旅行に行ったりした場合は、どこに旅行に行ったのかわかるような写真を選んでいて

景色メイン、人物豆粒…という写真を選ぶこともあります)

 

 

2種類の年賀状を初めてオーダーした話

これまで我が家は毎年家族全員が同じデザインの年賀状を使うため

差出人を連名にしていました。

 

しかしながら、今年は初めて2種類の年賀状印刷をオーダーしました。

(ありがたいことに早期割引だけでなく、複数注文の割引もして頂きました!)

 

なぜ2種類の年賀状を印刷したかというと

  • これからも年賀状のやりとりをする人たち(子供のお友達や、家族ぐるみで仲良くしている友人関係、目上の方々、親族など)用
  • 義理で年賀状を出し続けている親しくもない会社関係者や、疎遠になっている友人用

を分けたかったからです。

もちろん前者は、これまで通り家族連名+写真+一言コメント入りの年賀状。

後者は「今年で年賀状やめます!」の卒年賀状宣言の文章を入れた年賀状です。

 

我が家が毎年お世話になっている年賀状印刷の業者さんは「今年もよろしくお願いいたします」のような文章の部分を自由に編集できます。(字数や行数に制限はあります)

 

我が家は、年賀状じまいのご挨拶として

「誠に勝手ながら、時代の流れを鑑みて、今年を最後に年賀状でのご挨拶を控えさせて頂きます。今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。」

と言う文を加えました。

 

※こんなことを言ったらいけないけれど、年賀状じまいバージョンの年賀状を出す人たちは、恐らくお互いに「もうやめたいな~」と思っているようなうっすいお付き合いの方だけなので、もうほとんどの方とはお付き合いすることはないかなと思います。

 

 

 

 

年賀状印刷を業者さんに頼めば、宛名印刷も一緒にしてもらえる!!

我が家が年賀状印刷を業者さんにお願いするのは、宛名印刷も一緒にしてもらえるから。

 

これは本当に大きいです。(もちろん別料金がかかるので、なるべく早期割引で安くなるうちにオーダーすることをおすすめします)

 

自宅のプリンターだとインキ代もばかにならないし

失敗したら1枚無駄にするし 印字がずれたり色々ありますが

業者さんにお願いすれば、キレイに仕上げて届けてくれます。

 

我が家がすることは、表面、裏面両方キレイに印刷された年賀状に

一言だけコメントを書くだけです。

 

費用のことを気にして、自宅で印刷される方も多いと思いますが

費用よりも時間と手間を節約できるのが、業者さんに年賀状印刷を頼む最大のメリットです。

 

 

喪中はがきも早期割引で

年賀状印刷の早期割引よりも〆切は早いところが多いですが

喪中はがきにも早期割引が適応される場合もあります。

宛名印刷が0円というサービスをしている会社もあるので

ぜひ調べてみてください。

 

 

 

 

お受験の合格を報告する年賀状は早期割引で印刷を!!

今年の小学校受験や幼稚園受験をしたご家庭は、

11月に入ると続々と進学先が決定しますよね。

 

お友達や親族に、お受験合格を知らせる絶好の機会が年賀状です。

(年賀状は個人情報満載の無防備なものなので、学校名を書くのは控えたほうがいいかも)

 

「家族一丸となって挑んだ小学校受験、おかげさまでご縁を頂きました。4月から1年生です!」くらいに留めておくのが無難ですね。

 

我が家が毎年お願いしている年賀状印刷業者さんはこちらです。

挨拶状ドットコム 年賀状