泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

小学校受験「模試の1位は落ちる説」を考える

こんにちは。

 

今日はいつもの時間と違う時間に

独り言のように更新します。

 

 

今朝、某有名行動教室のメルマガのバックナンバーを読んでいました。

 

 

そこには

「模試で10位以内に入った子がどうして合格ができないか」について書かれいました。

 

 

 

 

実際、私のお教室仲間でも

学校別の模試で1位、2位を取ったお子様のママがいらっしゃいましたが

お二人とも、その学校には進学されませんでした。

 

ただ、お二人とも、志望校と同等の素晴らしい学校に合格されています。

 

 

その理由が、さきほどのメルマガのバックナンバーを読んでわかったような気がしました。

 

 

 

 

そのメルマガを書いた有名な幼児教室の先生によると

 

  • 普通の入試(現行の大学や中高等の入試)なら偏差値の高い人が合格する
  • しかし小学校受験は、成績順ではなく、ある一定の成績をクリアしている子の中から、学校のカラーにあった子を選ぶ

ということです。

 

つまり、たとえば100点満点の試験で、60点を「合格基準を満たした、一定の成績」レベルとするならば、99点を取った子も、61点だった子も

とりあえず、第一段階はパスし

 

次の段階からは、一度試験の順位はリセットされ

完全に学校の好み等により

新たに順位づけされるというような感じに、(私は)理解しました。

 

この説であれば、

ある志望校別クラスのトップを走っていたお子さん(Aちゃん)が残念な結果で

平均的だったお子さん(Bちゃん)が合格するのも、うなづけます。

言われてみたら、元気いっぱいで素直な子供らしさを残していたBちゃんのほうが

学校のカラーに合うかなあなんて。

 

 

あくまで、この先生個人のお考えですし

ずいぶん過去のメルマガですので

今がどうなのかはわからないですが

(ちなみに私はこのメルマガがわりと好きです)

 

 

よくお教室の先生が

 

「〇ちゃん(わが子)は〇〇小学校がいいと思いますね。

まさにお好みのタイプだと思います。」

 

「××小学校と△△小学校の考査が重なったら、私は迷わず△△小学校を推しますね。

〇ちゃんは、△△小学校の校風に合っている。それだけで、アドバンテージだと思うけれど。。。」

 

というようなことをおっしゃいました。

このお教室の先生は、誰にでも優しいのでお世辞なのかもしれませんが

結局、ここの先生の見立てが一番当たっていたというか。

先生が「まさにお好み」と言ってくださった学校(ここが第一志望)と、

校風に合っているという学校からは、大変ありがたいことに合格を頂きました。

 

 

やはり、長年の経験のあるお教室の先生の意見というのは

耳を傾ける価値はあるのだなと今になると思います。

 

 

 

 

 そうそう。

お教室の先生と言えば

我が家がお受験を考えたときに

あちこちのお教室に体験クラスを受けに行き

多くの先生に言われたのが

 

「コネがなくて、でも伝統ある名門小学校に進みたいなら

実力重視の〇〇小学校、△△小学校、■■小学校などをお考えになったらいかがでしょうか。」

という言葉でした。

 

 

これは個人的な考えですが

私の周りで、それぞれの志望校別クラスを1年頑張ってきたけれど、

結果が残念だった方の中で

ふたを開けてみたら、

多くの先生がおっしゃっていた実力重視校には合格していた…という方が何人もいらっしゃいました。

 

 

私立小学校が、この某行動観察のお教室の先生のメルマガのとおり

「試験で一定の基準を満たした人の中で、

改めて学校のお好み等の要因で順位をつけていく」という方式をとっているのならば

 

そういう方式をとっている小学校受験には、よほど極太のコネなどがないかぎり

「絶対」はなさそうですよね。

 

 

やはり、コネなしお受験の場合は

  • 最低限、志望校の土俵には乗れるようにすること(子供の考査で足切りされないようにすること)
  • 実力重視校も必ず受けておくこと(実力重視校の合格ラインは非常に高い。そのレベルまで持っていく)
  • 親ができる努力を怠らないこと(学校行事や説明会への参加や、願書と面接の準備、学校の過去問研究等)

をすべきなのだろうな、と改めて感じました。