泣き虫教育ママのお受験体験記

ど庶民&ダメダメな泣き虫ママのお受験体験記 ワーママのずぼら育児や弱音、試してみた知育などもご紹介しています。

絵本の読み聞かせ

 

 

 

f:id:hiwahiwaway:20190730214810j:plain

幼児教室に通う以外にしたことと言えば、とにかく読み聞かせ。

 

 

 

私は小学校から大学まで、国語が得意でしたがしっかりお勉強をしたということではありません。

私が国語が得意だったのは幼い頃から読書が大好きだったからだと思います。

 

 

どうして本がすきになったの?

それは、私の育った環境のせいかもしれません。

私の母は上の兄姉の幼稚園の送り迎えや、習い事の送迎に忙しく、

私の未就学児時代の育児はほぼ放置でした。

 

そんな私の面倒をみてくれていたのが祖母でした。

祖母は暇さえあれば、私を図書館に連れて行ってくれました。

親がそばにいない、甘えたいのに甘えさせてもらえなかった私は、祖母が自分のためだけに本や紙芝居を読んでくれる時間がとても好きでした。

祖母は図書館だけでなくて、本をたくさん買ってもくれました。

その選ぶ本のチョイスも、今振り返るととても素敵でした。

対象年齢が、実年齢よりも少し上の本をどんどん読ませてくれました。

 

おかげで私は、文章を書くことも好きになりましたし、

本の世界に浸り、いろいろな人の人生や生活に思いをはせることがとても好きになりました。

 

祖母は幼い私に古文や古典文学等もひとつひとつ読んで、意味もしっかり教えてくれました。小さなころに丁寧に読んでもらった本や、教えてもらったことというのは何歳になっても忘れないものですね。

 

この祖母との思い出があったので、私は子供を産んだら絶対に私がそれをわが子に伝えていこうと決めていました。

 

 

まだ子供が「絵本=かじるもの、なめるもの」と思っているときから、図書館に通って多くの本を借りて読みきかせました。

 

これは「知育」とか「頭のいい子にしたい」という思いからではなく、

母を独占したことのなかった私が唯一「愛されているな~」と実感できたことが「祖母がふたりきりで本を読んでくれた時間」だったからだと思います。

共働き家庭なので 子供と過ごす時間が少ないため、少しでも「愛されているな」と思ってもらえる時間を増やしたかったのでしょう。

 

 

図書館は出会いの宝庫

図書館は出会いの宝庫です。

大人の意思で絵本を選んでしまうと、好みが偏ってしまいますが、

子供に自由に選ばせてみると思わぬ良作に出会えたりします。

 

また子供がたくさんの本の中から「これ」と自分で決めた本を「いい本を見つけたね」と読んであげることは子供自身の自己肯定感にもつながることだと私は思っています。

 

そして、子供が好む本がどういう本かを見極めることで、「この子はこういうことに興味があるのだ」と知ることができます。子供が何かに興味をもったときがチャンスです。それにまつわる習い事をさせてみてもいいし、その興味の分野を深く掘り下げている図鑑を買い与えてあげるのも、子供の知的好奇心をぐいぐい育てる絶好の機会なのだと私は思っています。

 

読み聞かせの時間はママを独占できる時間

読み聞かせの最大のメリットは、その時間は忙しいママを独占できるという子供の心の満足感ではないかしら、、と思います。

 

とくに我が家はフルタイムで働いており、私が自宅にいる時間は、ひたすらきまわっています。ごはんを食べている間ですら、食べては片付け、食べては片付けで効率化をはかっています。娘の帰宅後も、話は聞いていますが、手はいつも動かしてしまっています。そうしないとフルタイムでバリバリ仕事するママには時間がたりないのです。

 

でも絵本をよむ時間だけはソファで子供の肩を抱き寄せて、またはベッドでぴったりくっついて絵本を読んでやります。

子供はその時間が大好き!寝るのがどんなに遅くなってしまっても、お熱があっても、夜寝る前は必ず「ママ、本を読んで!今日はこれを読んで!」ともってきてくれます。知と心を同時に育める素晴らしい習慣だと思っています。

 

 

 

受験に役にたったポイントは

 

絵本の読み聞かせが小学校受験に役だったか。

 

はい。大いに役立ちました。

 

小学校受験には読み聞かせは必須だと思います。

 

物語を最後まで聞ける集中力、登場人物の状況や気持ちがわかる理解力、語彙力、相手の気持ちがわかる共感力、このような読書によって身に付く力は、そのまま小学校受験につながっていくと思います。

 

私は、「とにかく今子供のために何か知育を始めたい」と思っていらっしゃる方には「図書館に通い、たくさんの絵本と子供を出会わせてあげること」をおすすめしたいと思います。